包茎手術にありがちな問題とは?失敗しないためにクリニックを比較

包茎手術にはよくある失敗があります。
格安なクリニックで行った場合、包茎を治すことは出来たけれど、見た目が良くなかったといったものや、糸で止める手術方法だと、陰茎の根本が固くなってしまうなどの失敗がありますので注意しなければなりません。
環状切開法の場合はツートンカラーになってしまうという失敗例や傷跡が残ってしまうといった失敗例があります。
包茎手術後に勃起すると、引き攣れて痛いというものもありますので、支障が出てしまったというケースもあるでしょう。
こうした失敗を防ぐためには、信頼できる医療機関で行わなければなりません。
失敗しないためのクリニック選びについてご紹介します。

泌尿器科は保険適用だが、見た目の問題も出てくることも

包茎手術は泌尿器科で保険適用で手術を受けることも可能です。
しかしその場合、縫合の際に太い糸で皮を縫うため、その部分が痕になって残ってしまうということもあります。
傷跡が目立たないようにするためには、自由診療になりますが、細い糸で細かく縫合してくれる美容整形外科の方が傷跡は目立ちません。
泌尿器科は確かに費用が安く済みますが、見た目の問題が出てきますので、見た目を気にするのであれば、包茎手術は美容整形外科で自由診療で行った方がよいでしょう。
また技術力のない医師に包茎手術をしてもらったら、勃起時に皮が伸びず、性交や排尿時に痛みを感じてしまうといった失敗もありますので、あまり実績数のない医療機関で行ってはいけません。
この場合は包茎手術時に皮を切り過ぎてしまったり、縫合がきちんと行っていなかったという理由が考えられます。
見た目の問題を重視するのであれば、美容整形外科で手術を行った方がよいでしょう。
美容整形外科の中には他病院で包茎手術をして失敗したので、修正して欲しいと再手術を行う方もいるほどです。
こうした再手術も美容整形外科では行っていますが、最初からきちんとした医療機関で行えば再手術することもありません。

安易な治療を行うクリニックは避けること

包茎手術を行う美容整形外科の中には、包茎手術の他に、ヒアルロン酸などの注入を行っているクリニックもあります。
ヒアルロン酸を注入することによって、陰茎を大きくすることが可能なのですが、料金が高額になる上、後遺症が発症しやすくなりますので注意しなければなりません。
ヒアルロン酸注入などのオプションを勧める理由は、高額報酬を得るためであるので、クリニック側が儲かる仕組みになります。
カウンセリング時、医師にオプションでヒアルロン酸注入をすると、大きくすることが出来ると勧められることもありますが、実際にはペニスの壊死の問題や見た目が不自然になってしまうなどの失敗、陰茎部分に凹凸が出来てしまうなどの問題が発症します。
万が一、カウンセリングでこのようなことを言われたら、こうしたクリニックで包茎手術を行ってはいけません。
安易な治療を勧められたまま行うと一生後悔することにもなりかねませんので、信頼できる医療機関で包茎手術を行うことが大切です。
美容整形外科で行う場合には泌尿器科戦もにであることをしっかり確認された方がよいでしょう。手術件数も多く、形成外科としての技術も必要となりますので、信頼できる医師が執刀してくれるかどうかも判断材料の1つです。

環状切開を行うクリニックが失敗が少ない

亀頭直下法は包茎手術を行うクリニックで、よく行われる手術方法です。
亀頭のギリギリで包皮を切除するため、包茎の原因でもある狭い部分だけが残されてしまいます。
するとリンパの流れが邪魔となり、狭くなった部分から先端部分にかけて提灯のように腫れてしまう提灯変形が起きてしまいます。
この他にも亀頭直下法で、術後何日経過しても腫れが引かないケースもあります。
ペリカンのくちばしに似た形からペリカン変形と呼ばれており、日常生活にも支障が出てしまうため、別の美容整形外科で再手術をしなければならないこともありますので、注意しなければなりません。
こうしたトラブルを防ぐためには、やはり最初からしっかりとしたクリニックで包茎手術を行う必要があります。
包茎は美容面からみても環状切開を行う美容整形外科で行った方が失敗が少なく済みます。
術後陰茎部の色が違ってしまうツートンカラーになりませんし、見た目も綺麗になりますので、手術を行うのなら環状切開を行っているクリニックがおすすめです。
ツートンカラーや手術後の腫れを最小限に抑制することが出来ますし、術後も早く綺麗に治りますので、体の負担も少なく済みます。

まとめ

泌尿器科で行う包茎手術は保険適用であるため、手術費用は安く済みますが、引き攣れが残ったり、痕が残るなどの失敗があります。
失敗すると、日常生活にも影響が出てきてしまい、再手術をしなければならないこともあります。
そのため、環状切開を行うクリニックで行うとよいでしょう。手術後の腫れも少なく、傷も目立ちません。
陰茎の根本を糸で止めるなど、安易な方法で手術を行うクリニックだと失敗が多いため、注意しましょう。中にはヒアルロン酸などの異物を注射するクリニックもありますので、後悔しないためにもこうしたクリニックは避けるようにしなければなりません。